魅力的な売り場を作り上げるためにVMDの導入を検討しよう

VMDでお客さんが足を止めて注目し手に取ってくれる売り場を構築

ハンカチを飾る

新商品や注目商品などの販売促進のため、売り場づくりに力を入れているものの、売り上げに結びついていないと感じていませんか?特設スペースを確保し、ディスプレイ展示を行ってもお客さんが手に取らない、注目しない、足を止めないという状態であれば、VMD専門会社に相談し根本の解決図りましょう。
売り場づくりは、ただ商品を並べるだけではなく、お客さんが足を止め、商品に注目し、手に取るということが重要になります。お客さんが足を止めない状態では売り上げに繋がることはありません。しかし、VMDを導入することでこれら一連の動作に結びつく売り場づくりができます。VMDでは、特設スペースでの販売促進だけではなく、店舗の入り口から通路、目的の場所までの導線を構築し、商品をアピールするように仕掛けを行います。店内の様座な位置や角度から商品が見えるようにするなど、常にお客さんの視界に入るようにします。また、商品を手に取り易いようにPOPなどによりPRも行います。メーカー支給のものではなく、スタッフが手書きしたテキストやイラストを用い、注目させて手に取ってみるというような動作につなげるような仕組みづくりができます。ディスプレイ展示に力を入れても、効果が感じられないというなら、VMDコンサルやセミナーを活用してみましょう。

スタッフのスキルアップにVMDコンサルティングを活用しよう

販売促進を行うための売り場づくりは、ベテランスタッフが若手スタッフに指導し、継承していくものになっていませんか?この場合、ベテランスタッフのセンスが影響し、継承するたびに売り上げに繋がらない売り場づくりになることもあります。こんなスキル継承の問題を抱えているのであれば、VMD専門会社に相談してコンサルティングを受けるのがおすすめです。
これまでスタッフのセンスに依存していた売り場づくりが、VMDを導入することで論理的に行えるようになります。分析確立された手法を用いるため、どの若手スタッフでもベテランスタッフと変わらない売り場づくりが可能になります。また、VMDの強みは、スキルの継承にも現れ、上手く引継ぎができなかったという問題も解決できます。VMD専門会社では、店舗全体のコンサルティング請け負うだけでなく、スタッフへの教育なども行ってくれます。スタッフがセミナーなどで育った際には、自社の持ち帰り、その後は自社オリジナルのVMDとしてアップデートし続けるということも可能であり、コンサルティングに依存し続けることもありません。さらに、若手スタッフを集めて一斉にセミナー開催を行うこともでき、対応できるスタッフを複数育成することもできます。売り場づくりの教育が問題になり、売り上げアップも図るのであれば、VMD専門会社を検討しましょう。

売り場のレイアウト変更ならVMD専門会社に相談しよう

売り上げアップのため、お客さんの回遊効率が良いレイアウトにリニューアルを検討していませんか?店舗レイアウトを、内装デザインを行うデザイナーに相談しようとしているなら、VMD専門会社に相談しましょう。デザイナーは、あくまで内装デザインのプロであり、商品販売のプロではありません。レイアウトデザインが良くても、販売効率が悪く見た目だけのレイアウトになってしまうこともあり、売り上げアップに繋がらない可能性があります。
しかし、VMD専門会社では確立された販売手法の基でレイアウトを検討します。デザイン優先でレイアウト配置を行うのではなく、お客さんの回遊動線を考慮したものになります。店舗入り口から壁側、店舗奥の角スペースまでフル活用します。また、レイアウトをリニューアルする際には、既存の什器やディスプレイスタンド、マネキンなども再活用します。そのため、大規模な改装や高額な改装費用をかけることなく、売り上げアップが期待できるレイアウトをVMDでは実現することも可能です。そのほかにも、レイアウト配置はそのままに、商品の入れ替えだけで対応できる売り場づくりも実現でき、入れ替えサイクルの早い商品を扱う場合に対応することも可能です。店舗のリニューアルを検討する際には、最新のVMDを導入してみましょう。

Choice Articles

ペンを持つ女性

店舗独自のECサイトにもVMDを導入しよう

現代において、商品販売は実店舗だけでなく、ECサイトや大手ネットショップサイトを活用することが一般的です。実店舗での販売は物理的な限界…

MORE