魅力的な売り場を作り上げるためにVMDの導入を検討しよう

店舗独自のECサイトにもVMDを導入しよう

ペンを持つ女性

現代において、商品販売は実店舗だけでなく、ECサイトや大手ネットショップサイトを活用することが一般的です。実店舗での販売は物理的な限界もあり、店舗デザインやディスプレイ配置にこだわっても足を運べるお客さんだけがターゲットになります。一方、ECサイトなら距離や時間という問題がなくなるものの、ホームページの作りこみが重要になり、ここでVMDが効果を発揮してくれます。ECサイトなどでの売り上げが振るわないというのであれば、VMD専門会社に相談してみましょう。
今では、VMD専門会社もホームページへ手法を活用することが増えており、トップページが重要視されています。ECサイトで真っ先に目に付く場所であり、商品の特集や検索、個々のページでの商品アピールが重要になります。実店舗と同様にホームページにもお客さんが回遊し、目に止めてページにアクセスするという動作があります。VMDによりこれらを実現することができます。トップページへのアクセスはあるものの、売りたい商品へのアクセスが伸びないという問題を、トップページや検索方法の改善で解決できるようにもなります。また、商品のカテゴライズも多角化することができ、単一のカテゴリではなく、別カテゴリからも商品がヒットするなど、目的の異なるお客さんがたどり着くといった仕組み作りも可能になります。

Choice Articles

ペンを持つ女性

店舗独自のECサイトにもVMDを導入しよう

現代において、商品販売は実店舗だけでなく、ECサイトや大手ネットショップサイトを活用することが一般的です。実店舗での販売は物理的な限界…

MORE