魅力的な売り場を作り上げるためにVMDの導入を検討しよう

VMDに関するセミナーやワークショップに参加してみよう

洋服が並ぶ

スーパーやアパレルなどの売り場において、よりお客さんの購買意欲を喚起するような見せ方、並べ方を追求するVMDという理論があります。ビジュアルマーチャンダイジングというその名の通り、ビジュアル、つまり視覚要素に訴えかけて売り上げアップを図るという方法です。せっかく視覚を利用した理論を学び実践するのであれば、自らもまた視覚的にその極意を取り入れた方が良いでしょう。VMDに関する理論は、耳で聞いて本で読むだけではなく、実物をその目で確かめるのがいちばんイメージがわきます。各種セミナーやワークショップに参加すれば、実際の店舗を想定した仮のスペースが用意されていて、そこで実演的にVMDの考え方を学んでいくことも出来るでしょう。これは素晴らしいと感じる商品の見せ方やスペースの使い方に出会えた場合には、その発想をそのまま自分のお店に持ち帰るということも出来るでしょう。実際にVMDを店舗に取り入れる際にはVMD専門会社に相談することになるとは思われますが、それでも依頼主側であるこちらのセンスが磨かれているに越したことはありません。実物を見て理解を深めたうえで相談を進めれば、ハイレベルでより効果的な結果に向けての話し合いが出来るでしょう。

Choice Articles

ペンを持つ女性

店舗独自のECサイトにもVMDを導入しよう

現代において、商品販売は実店舗だけでなく、ECサイトや大手ネットショップサイトを活用することが一般的です。実店舗での販売は物理的な限界…

MORE