魅力的な売り場を作り上げるためにVMDの導入を検討しよう

複数店舗の戦略的な売り場づくりならVMD専属のスタッフを配置

メンズショップの様子

複数店舗を運営する会社において、売り場づくりは各店舗のスタッフに任せるというのが基本となっていることは少なくはありません。しかし、本部で企画して仕入れた商品の売り場が、店舗ごとでコンセプトがバラバラで、売り上げに繋がらないという問題があります。そこで、VMD専門会社に相談して、本部管理ができるようにコンサルティングを受けたり、スタッフを育成してみてはいかがでしょうか。
VMDは戦略的かつ視覚的に計画された売り場づくりであり、手法自体が確立されています。異なる店舗でバラバラだった常設スペースや、特設スペースのコンセプトを統一し、売り上げ効果を高めることができます。専属スタッフがいない場合でも、VMD専門会社ではコンサルティングだけでなく、セミナーなどを行い独立できるようにします。そのため、本部に数名の専属スタッフを確保でき、各店舗に指示を行う体制を構築することができます。店舗スタッフは指示の下で売り場づくりを行うため、販売業務に専念することもでき、アイテムのPRをお客さんに行いやすくなります。また、売り場づくりの時間短縮にも実現でき、営業時間外での対応も削減することが可能にもなります。そのほかにも店舗ごとの差を一定にコントロールすることができるだけでなく、お客さんのニーズに合っているかも分析にしやすくなり、販売戦略の見直しも行いやすくなります。

Choice Articles

ペンを持つ女性

店舗独自のECサイトにもVMDを導入しよう

現代において、商品販売は実店舗だけでなく、ECサイトや大手ネットショップサイトを活用することが一般的です。実店舗での販売は物理的な限界…

MORE